医療・環境ジャーナリスト
船瀬俊介
東京都世田谷区
1950年福岡県に生まれ。九州大学理学部を経て、早稲田大学第一文学部社会学科卒業。 地球環境問題、医療・健康・建築批評などを展開。著書に、『抗ガン剤で殺される』(花伝社) 、『できる男は超小食』(主婦の友社)15万部超えなど多数。