津軽三味線奏者
黒沢博幸
1972年、岩手県盛岡市生まれ。7歳から三味線を始める。 師匠は津軽三味線の始祖「仁太坊」の孫弟子にあたる井上勇美人、成美兄弟。 2002年~2004年、青森県金木町で行われる「津軽三味線全日本金木大会」で最高位の「仁太坊賞」を三連覇し、日本チャンピオンとなる。 現在「黒澤会」会主として多くの弟子を持つ。2010年より毎年「仁太坊生誕祭」をプロデュースする他、2011年東日本大震災以降、震災支援公演を多数行う。国内だけでなく、ドイツ、フランス、台湾、アメリカ、スペインなど、海外公演も数多い。元オフコースのドラマー大間ジローと出会い、2003年Soul&Beat Unit「天地人」を結成し、作曲・編曲を手がける。 津軽三味線界の「鬼才」と称され、ロックギタリストの「山本恭司」や「東京フィルハーモニー」との共演など、様々なジャンルのアーティストとコラボレーションしながら、世界に誇るトップレベルの演奏を続けている。